敏感肌の悩みを解決するための方法

敏感肌の悩みを解決するには、スキンケア以外にも気を配りたいことがいくつかあります。

 

体の外側と内側からケアすることと、日頃使っているアイテムを見直すことで、かなり肌状態は変化していくものです。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

敏感肌改善

電気シェーバーに変えてみる

シェーバー

 

髭を剃る時、カミソリを使っているのであれば、電気シェーバーに変えてみるだけで随分肌への負担が減る場合があります。

 

刃が直接肌に触れないので、当然カミゾリよりも肌に優しいからですね。

 

プレシェーブローションを使って、剃りやすくしてから髭を剃り、剃り終わったらしっかり保湿することを忘れないようにしてください。

 

プレシェーブローションの代わりに、散髪屋さんでしてくれるような蒸しタオルを使うもの良いですね。(濡らしたタオルを軽く絞り、電子レンジで1分程度で出来上がります。)

 

保湿を行うときは、私はいつも使っている化粧水で保湿していますが、これで十分なので、アフターシェーブローションの必要性は感じていません。

 

また、お風呂場で使える電気シェーバーというのも各種ありますので、これらを使うと、シェービングフォームを利用して髭剃りを行うことができます。

食生活を改善する

敏感肌になっているということは、皮膚をつくる栄養が不足しているということも考えられます。

 

食生活を見直して、健康な皮膚ができるような食事を摂るようにしましょう。

  • アミノ酸:肉類・大豆製品・魚他
  • コラーゲン:鶏肉(手羽先など)
  • ビタミンA:小魚・にんじん・ほうれん草他
  • ビタミンC:キウイフルーツ・トマト・ピーマン他
  • ビタミンE:アーモンド・かぼちゃ・アボカド他
  • ビタミンB群(B2・B6・B12):レバー・鶏卵・鮭・サバ他
  • 亜鉛:牡蠣・豚レバー・卵・あさり他
  • (クエン酸と同時に摂る):レモン・梅干し他

食材

 

また、角質層のバリアとなる成分の「セラミド1」は必須脂肪酸のリノール酸が含まれています。グレープシードオイルやコーン油などを料理に利用すると良いですね。

 

ただし、取りすぎると、善玉コレステロールを低下させ、動脈硬化を引き起こすこともわかっていますので、あくまで「ほどほどに」を忘れないようにしましょう。

 

食事だけでは不足しがちな栄養素は、サプリで補うのもありだと思います。

 

私は、栄養学に詳しい皮膚科医に血液検査をしてもらい、不足している栄養素が何か判明したので、それを補充するサプリを飲んでいました。

 

3ヶ月くらいで、みるみる肌が改善していったので、「人間の体は摂取した栄養素でできているんだ」ということを再確認した次第です。

 

スキンケアだけでなく、体の内側から敏感肌対策を行うという捉え方も、非常に重要ですよ。

生活習慣を見直す

食べるものも大事ですが、その他にも「規則正しい生活で、体調を整え免疫力をアップさせる」ことも重要です。

 

睡眠不足になると免疫力も下がりがちになりますので、しっかり熟睡する環境を作りましょう。

 

また、入眠後の最初の2〜3時間に、傷ついた肌を修復する成長ホルモンが一番分泌されるので、良質な睡眠がとれるように、ベッドまわりを整えることも考えてみると良いですね。

 

睡眠にはいりやすいアロマをたいても良いですし、アイマスクを着用したり、枕などにこだわるのも良いと思います。

 

敏感肌のお手軽なスキンケアはこちら